2016年11月19日

これから介護タクシーを始めようと考えてる方へ(その4)です。

これから介護タクシーを始めようと考えてる方へ(その4)です。

 前々回に運賃についての話でしたが、今回は、基本介助料についてのお話です。
 介護タクシーでは、基本介助料として、1,000円程度をいただいてる業者さんがほとんどです。
 介護タクシーの運賃は、ケア運賃として道路運送法第4条に基づき国土交通大臣の許可が必要になります。
 その他の介護料金等旅客の運送に直接伴うものではない料金は、認可も届出も不要とされています。
 
 基本介助料とは?
原則として、車両への乗降介助料としていただいてます。
  普通車だと車いすからの移乗が必要ですが、介護タクシーではリフトにてそのまま乗車いただけます。
  車椅子を使用しない場合も、見守り介助として料金をいただいております。

 介護タクシーは、一般のタクシーと違い、利用できる方が限られたり、客待ちができない、通院の場合、帰りの待ち時間帯に他の依頼を受けられないなど制約が多くあります。
 したがって、一般のタクシーに比べて同じ料金体系では収益性が良くありません。
 そこで、介助料などの付加サービスに対して対価をいただくことにより、収益性を確保しています。
 基本介助料を無料とされている業者さんもおられますが、上記理由により採算性に疑問があり、
その他の料金(その他のオプション料など)で補って、実質的に基本介助料以外で収益を確保していると思われます。
 一般のタクシーと比較して付加価値があるのに料金が安いというのは、他に何か収益を確保する道があるということです。
 たとえば、介護事業者で関連施設の営業を兼ねているとか、他の事業と連携し顧客確保の窓口としているとか、・・・・
 個人で介護タクシーの開業を考えておられる方は、基本介助料をきちんと設定することをお勧めします。
 後で、料金を下げることは簡単ですが、後で上げるのは難しくなります。

 介護タクシーは、一般のタクシーに比べて、付加価値があると自負していますので、自信をもって基本介助料を請求させていただいております。
posted by 県南介護タクシー at 10:42| Comment(0) | 開業支援