2013年01月04日

駐車禁止除外指定車標章交付申請

IMG_0208.JPG
 本日、駐車禁止除外指定車標章交付申請のため、牛久警察署へ行ってきました。
1Fは、免許更新や車庫証明の受付などで、4Fにある交通課へ行きました。
 年始の為か、職員はまばらでした。
 対応に出てきた人は、いかにも警察の人で威圧感たっぷりです。
 私が、「駐車禁止除外指定車標章交付申請したいんですが」と、申請書類を渡すと、書類を見ながら、
「何、商用?」、私「介護タクシーなんですが…」、警察「この電話は施設の番号?」、私「いえ」、
警察「個人でやってるの?」、私「はい」、警察「携帯持ってるでしょ、それも書いて」。
言われるまま、携帯番号を書いていると、「免許書のコピーもいるから、二種免許確認するから」
免許書を渡し、コピーを取ってもらう。(自分で用意しろと言われるかと思ったが、意外や大丈夫だった。)書類を受理してもらうと、「標章交付まで1か月くらいかかるから、公安で審査があるので、時間かかりますから」「出来たら、携帯に電話しますから」何となく、書類を受理してもらったら威圧感が
なくなったように感じた。

 駐車禁止除外指定車標章があると、駐車禁止場所でも駐車違反にならないので、あると便利と思い申請しました。


【業務日誌の最新記事】
posted by 県南介護タクシー at 18:23| Comment(2) | 業務日誌
この記事へのコメント
警察は怖く無いですよ

警察の依頼で仕事もしますよ(^。^;)うちは特殊ですが!
Posted by 信田 at 2013年01月09日 17:32
コメントありがとうございます。
警察が怖い訳ではないのですが、威圧感が職業柄かなと感じちゃいました。
Posted by s.ikuta at 2013年01月09日 20:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: